So-net無料ブログ作成
検索選択
バイク ブログトップ

メンテナンス(その10) エアーフィルター清掃 [バイク]

今日はオイル・エレメント交換を実施。
ついでに、1年に一度ですが、エアーフィルターの清掃を行いました。

【エアーフィルターの役目】
エアーフィルターは空気中の汚れをフィルターで除去し、エンジンにホコリのない新鮮な空気を供給します。これはエンジンに虫や空気中の汚れが混じると異物となり、エンジンに傷がついてしまい、寿命が短くなるのを防ぐためです。

フィルターが汚れで詰まってくると、エンジンに供給する空気が少なくなってきてしまい、不完全燃焼となってしまいます。(我々だと鼻が詰まると息がしずらくなると同じ状況ですね)
そこで、エアーフィルターを定期的にメンテナンス(清掃)をする必要が出てきます。

★エアークリーナー清掃
 1年に1回程度(距離に関係なく)
私は、半永久的に交換不要のK&Nフィルターを使用しています。
→純正エアーフィルターは7000円オーバーのため、よほど汚れが目立つ程度にならないと
金銭的な面から交換できません。そこで自分で清掃できるK&Nフィルターを購入。

以下は、k&Nフィルターでのメンテナンスとなります。


STEP1 準備
hayabusaでの取り外しは簡単です。
タンクをあげるとすぐにエアークリーナーが見えてきます。
エアークリーナーは5点のネジで固定しているだけ。
→純正ではプラスネジですが、よくボルトを舐めてしまいます。
私はホームセンターで六角穴付ステンレスボルトに変更。(1個20円程度ですので、100円くらい)

エアークリーナー外す前.JPG
↑外す前。黒い真ん中がエアークリーナー

STEP2 取り外し
ボルトを外します。
エアークリーナーはちょいと大がらですが、構造は簡単で、外気の異物を取り除くため、スポンジを挟んでいるだけです。(赤いのがスポンジ部分)

エアークリーナー外した後.JPG
↑取り外し。


清掃は単純で、スポンジに塗布しているオイルを除去し、水で洗い流し、オイルを再び塗布するだけです。この手順をその都度行います。
作業として使用するのは、K&N製のオイルクリーナーとオイルだけとなります。

oil&cleaner.JPG
↑オイル(左)とオイルクリーナー(右)


STEP3 清掃1(オイル除去)
エアークリーナーに直接、オイルクリーナーを散布し、20分程度放置するとオイルが分解。

オイル落とし.JPG
↑フィルターオイルの除去。(オイルクリーナー散布)

あとは、水で古いオイルを流すだけ。
水は空気の流れと逆向きにかけるらしい。(hayabusaは中が外気側、外がエンジン側となります)

水洗い.JPG
↑水で洗浄中。

STEP4 乾燥


洗浄後.JPG
↑水洗いした直後

水洗いすると、オイルが完全に流れ落ちています。
赤い色のオイルがまったくありません。

あとは乾燥するまでひたすら待ちます。
→この状態で乾燥するまで放置。家の中で1週間も放置すれば自然乾燥します。
 水分があるとオイルがのらないので、ひたすら待つしかありません。

STEP5 オイル塗布
オイルを塗布します。

オイル塗布中.JPG
↑オイル塗布中

オイルはにじむでの隙間があっても大丈夫とのこと。
→あとは数十分待てば使用開始可能となります。

取り付ければ、清掃終了。

清掃後の症状は・・・、
空気の流入量が多いのか、アイドリングの回転数が若干あがります。(数百rpm回転ですが)
体感的な加速感、燃費の向上も変化はありません。(私にはまったくわかりません)


後記
エアーフィルター清掃。
バイクにとっては必要なメンテナンスです。
純正品の値段が高いと感じている方は、このような製品も如何でしょうか?

nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

バイクの紹介 [バイク]

今日はバイクの紹介をしたいと思います。
バイク紹介.jpg
↑2015年自宅

バイク
・2003年型 GSX1300R 限定車 1299cc 並列4気筒 装備重量250kg

・2005年12月 
  レッドバロンで中古で購入。98'VFR800(国内)からの乗り換え。

・購入 
  すべてノーマル。但し、ロービームのみHID(abusolute製品)付属。

・燃費 
  街乗り 15km/L(渋滞)~18km/L(車の流れ程度)
  高速走行 20km/L~24km/L(巡航速度に依存:100km/h巡航で23、140km/h巡航で20.7程度

・燃料タンク 
  21L(レギュラーガソリン仕様)

・用途
  数時間のちょい乗り。たま~に、遠乗り。

・所感
 ①エンジンからの振動が多いバイクだが、降りると運転したという充実感が残る。
  →VFR800はあまりにも優秀すぎて手がかからな過ぎたみたいで、充実感がないように感じた。
 ②初期型にあるアイドリング低下現象(数1000km走行すると、アイドリングが徐々に低下して
  くる現象。やがて、アイドリング中にエンストする。)があり、1年に1度、エアクリーナを外
  して、スロットルバルブ付近をインジェクションクリーナーで清掃する必要がある。
 ③サスペンションが超高速セッティングしてあるため、全体的に堅い感じ。
  →セッティングをしても、上質とはいえない乗り心地です。2人乗りではしっくりくるのだが、
   一人だと堅い感じ。
 ④現行車みたいな走行モードはなく、常にフルパワーモード。しかし、恐ろしく巡航速度に対す
  る燃費がよい。以前、単身赴任のため、東京~青森間を10数往復したが、仙台で一回、給油
  すればよい。瞬時燃費読みだが、100km/h巡航で23km/L以上。速度が10km/h上がる毎におおよ
  そ1km/Lづつ減っていくイメージです。街乗りでは15~18km/L。2500rpmもあげないで、
  車の流れに乗れます。
 ⑤ヘッドライト。ロービームはHIDであるため、広く路面を照らしてくれ夜間の高速道路では大変
  重宝します。ハイビームはプロジェクターライトであるが、ほとんどどこを照らしているか不
  明なくらいわからない。光量が不足しているみたいで役にたたない感じ。
 ⑥各パーツ。300km/h走行を前提で作り込まれているため、頑丈。製造から10年目たった時でも
  スプロケット、チェーン、ブレーキパットの交換は不要なくらいでした。飛ばしていないから
  かもしれませんが、車の流れ程度の乗り方であれば、恐ろしいくらい消耗しませんでした。
  →パーツの経年劣化や金属疲労が心配のため、少しづつ、交換中。ブログで紹介したいと
   思います。
⑦高速走行は楽。スピード感が全くない。高速走行中に見るメーターはタコメータ。ギア比の
  ため、6速:2000rpmで60km/h、3000rpmで90km/h、4000rpmで120km/hとタコメータで
  速度が読める。
コックピット.jpg

 ⑧ポジションはツアラーバイクと比較すると、前傾が強め。はじめはこんなに前傾が強いと、
  乗っている時間は短いと思っていたが、加速や高速走行の風圧を考えると楽で、理にかなって
  おり、意外と楽なポジション。東京~青森間も苦ではなかった。
 ⑨雨天走行だと、カウルがあるが、意外と濡れる。これはスクリーンに伝わった水滴が走行風に
  よりちょうどタンクへ落ち、股のところへ流れてくる。また、カウルがノーマルだと低いため、
  肩へ直接雨があたる。高速走行後、虫も肩付近と、ヘルメットと、ヘッドライト付近にあたる。
 ⑩いろいろと不都合があるが、手間がかかる子ほど、かわいらしいというが、まさにこのバイクは
  当てはまる。飽きがこないですね。 

ブログを初めて作成 [バイク]

ブログを人生で初めて作ってます。
何を書けばよいのかわからずなので、趣味にしているバイクについて、書きます。

・GSX1300R 2003年型限定車 パールディープシーブルー 2005年購入(4219km~)
↓2006 初の遠出(山中湖)
山中湖1-3.JPG


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク
バイク ブログトップ