So-net無料ブログ作成
検索選択
メンテナンス ブログトップ
前の5件 | -

主なトラブル [メンテナンス]

久しぶりの投稿です。
4/29にバイクが修理から帰ってきました。

去ること、3月に房総半島へ散歩。
帰宅後にバイクの下を見るとシミが・・・。

指で触ると、緑色の液体。
そうです、冷却水漏れ。リザーバータンクはほぼ空。

近所のバイク屋(AUTO98松戸店さん)へ緊急修理をお願いしました。
ついでに、スイングアームピポット周りのOH(ベアリング一式交換)とリアサス周りOHも依頼。

AUTO98さんは、スズキバイクサービスショップ指定店。
購入車でないにも関わらず、熱心に親切に対応していただきました。
店長も気さくな方でとても話やすく、初めて来店したお客の立場としてはとても安心できました。
→冷却水漏れについてはメーカまで問い合わせして頂いたそうで本当に親身に修理して頂きました。
 本当にいろいろとありがとうございました。

さて、冷却水漏れ。
原因はウォータポンプ付近からとのこと。水温センサー付近はにじんでいたそう。
→経年劣化による、バーツからの漏れだそうです。

ウォーターポンプはアッセンブリー交換(シール類も一式交換)。
水温センサー付近はにじんでいた程度とのことでしたが、ここからも漏れた事例があるとのことで予防保全として交換。
→水温センサーはエンジン本体にマウントでしたが、比較的簡単に交換できること、センサーも数千円程度とのこと。

IMG_0864.JPG
↑ ウォーターポンプ一式交換(銀色の丸いものがポンプ。ここから漏れていた)H29.5撮影



スイングアームピポット周辺OH。
14年間、ピポット周辺はノーメンテ。
→腕の良いバイク屋さんに頼むのでこの際ということで一緒に依頼。

スイングアームピポット付近のアクスル、カラー、ベアリング類を一式および、リアサスペンション下部にあるリンク・アーム類のリンク、アーム、ベアリング、ボルト類の一式交換です。
→初めての来店でスイングアームまで外す大メンテを頼んでしまいました。

IMG_0860.JPG
↑スイングアームピポット。このフレーム内の全パーツをOH。H29.5撮影


IMG_0865.JPG
↑リンク、アーム類。この全パーツをOH。H29.5撮影

走行ですが、サスもよく動き、乗り心地がかなり良くなりました。
→数万キロ走行したバイクで乗り心地が悪くなったと感じた場合、ベアリング類の注油で改善する場合もあるかと思いますよ。


<余談>
今までで大きなトラブルに見舞われた事例を2つありましたので、紹介します。

●レギュレーター破損(9年目。購入7年目)
長野にて真夏に走行後、再度エンジンをかけようとしたところ、エンジンがかかりません。
”押しがけ”にて、エンジンをかけ、だましまだし松戸へ帰ってきました。
→若干の下り坂だと、インジェクション車でもエンジンがかかりますよ~。汗だくだが・・・。

レッドバロンにて調査してもらったところ、レギュレーター(※1)が熱破損し、過電圧によりバッテリーが破損(※2)とのこと。

hayabusaは、3000rpmで13V以上の発電電圧。この時は、高速走行で3000rpm程度で走行していたので、過電圧ぎりぎりだったため、火災までは至らなかったとのこと。(レッドバロン談)

※1 レギュレーター:エンジンの回転により発電するが、回転数により発電する電圧が異なる。この電圧を一定の12V出力し、バッテリーや電装系に給電する電源装置の一部。

※2バッテリー破損:バッテリーの供給電圧は通常13V程度までとのこと。これ以上高い電圧で給電すると発熱し、最悪火災となるとのこと。

●ラジエーターキャップ劣化(6年目。購入4年目)
渋滞時、水温計が気づいたらレッドゾーンへ。
冷却水を数年に一回、自分で交換していたのですが、何かの不備?と思い、自分で即交換。
走行中は通常の温度まで針が戻るが、その後も渋滞にはまると、レッドゾーンへ。

センサ系の不具合かと思い、数年間はこの状態で乗り続けたのですが、長く乗り続けるにはよくないなぁ~と思い、レッドバロンへ調査依頼。

すると・・・、
ラジエータキャップの劣化ですね。交換しておきました~との回答。

IMG_0324.JPG
↑ラジエーターキャップ。H26.5交換

ラジエーターキャップは圧力調整機能付きキャップ。水温が上がると圧力があがるため、一定の圧力1.1kg/㎠となるよう、圧力を逃がすようになっています。これが経年劣化で大気圧1.0kg/㎠のままとなり、沸点を上げられず、オーバーヒートとなってしまったようです。(レッドバロン談)
→仕組みはいろんなHPに書いてますので、そちらを参照しましょう。
 注意!!圧力の高いキャップには絶対に交換しないように! ラジエーターホースが非対応なので
    冷却水が漏れる直接の原因です。指定圧のキャップを使用すること。

寿命は5年程度。2回車検を通したら交換の目安ですね~。
水温計がいつもより振れ幅が広いなぁ~と感じたら、疑ってみてはいかがでしょうか?

ラジエーターキャップ劣化現象を参考に記します。
初期症状:
・水温計が冷却ファンが回っているのに、いつもより高いところを示す。
・冷却ファンが停止してもいつもより気持ち高い所を示している。
・走行すると、通常の位置に戻る。(※3)

末期症状:
・渋滞に巻き込まれるとすぐにレッドゾーンまで水温計があがる。ひどくなると、赤信号毎に
 レッドゾーンまで上がる。(私はこの状態になったので、レッドバロンへ調査依頼)
・走行すると、通常の位置に戻る。(※3)
 ※3 hayabusaはエンジンオイル用のラジエーターがついています。
  つまり、油冷機能も高いです。(この状態で東京⇔青森間を往復。走行で特に問題なし)
  このため、走行すると水温計が下がったのかもしれません。
  オイル用ラジエーターがない車両も同様かはわかりません・・・






nice!(9)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

メンテナンス(その9)クラッチレリース清掃 [メンテナンス]

数ヶ月ぶりの投稿です。
冬は寒すぎてどこにも遠出せず・・・。記事を書くイベントもなく。

本日(3/20)は暖かいのですが、鼻水が・・・。乗れません。
そこで、六年ぶりのクラッチレリース清掃を行いました。

クラッチレリース。

ここが汚れ等で不具合を起こすと、クラッチの切れが悪くなるという現象が起きます。
hayabusaはフロントスプロケの箇所にあります。

ここはチェーンのゴミが遠心力で吹き飛び、クラッチレリース棒へゴミが付着。
かなりクラッチの切れが悪くなるということになります。
→2004年型以降はダスト対策がしているらしいので、私の2003年型以前が定期的な清掃が必須です。

それでは作業開始。
カウルを外し、冷却水リザーバータンクもフックで仮置き。

IMG_0537.JPG
↑作業開始。
赤枠のプレートが外す箇所。
ここはフロントスプロケカバーですが、カバーにクラッチレリースがあります。


IMG_0538.JPG
↑スプロケカバー拡大
4カ所のボルトを外します。
純正では頭付六角ボルトでしたが、私はネジを舐めてしまったので、ホームセンターで六角穴付ボルトへ自ら交換しています。
また、写真の丸い箇所がクラッチレリース部分で、その横がちょいとわかりにくいですが、スピードセンサーです。

IMG_0539.JPG
↑外している風景

Tレンチで順番に外していきます。ここのボルトは取り付けのみのため、トルクはあまりかかっていません。なお、クラッチレリースやスピードメータセンサーがありますが、カバー毎そのままそっくり外せます。

IMG_0544.JPG
↑カバーを開けた直後

六年分のヘドロが至るところにあり、すごいことになっています。
赤枠のクラッチレリース受け側も汚れですごいことになっていました。

これをブレーキクリーナーなどで溶かし、歯ブラシや手で根気よく落としていきます。
かなりのガム状なので、そう簡単には落ちませんので、完全には無理だと思います。

IMG_0546.JPG
↑清掃後
クラッチレリース部分だけでもきれいに、あとは塊がとれる程度でそれなりに。
ほんとはきれいに落とすのが理想ですが、一人でカバーを持ちながらでは限界もあります。

あとは元通りにはめるだけ。
カバーボルトの取り付けトルク管理は、サービスマニュアルによると、1.3kgf・m。
(参考)スピードセンサー取り付けボルト:0.45kgf・m
(参考)クラッチカバーボルト:1.0kgf・m

清掃後。
かなりクラッチが軽くなり、クラッチを切ってバイクを押してもかなり軽く感じました。
今までは完璧にクラッチが切れていなかったのかもしれません。

フロントスプロケ付近にクラッチレリースがあるバイクに乗っている方は、一度清掃してみるのもいいですね。


nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

フロントスプリング交換 [メンテナンス]

hayabusaに乗り、今月で12年目突入しました。
製造から14年目ということで、フロントスプリングをライコランドで交換しました。

フロントスプリング:オーリンズ製、H28.12
IMG_0331.JPG
↑オーリンズスプリングの空箱

ライコランドの方にお聞きしたところ、次のようなアドバイスを頂きました。
(誤解を恐れずに私が解釈したイメージを書きます)
ハイパープロ:
 あまりサスをいじらない方にお勧めだとか。
 初期動作と最終動作のスプリングレートが変わるとのこと。イメージ的には、初めは0.9
 (柔らかい)、中間あたりが1.0、さらに縮むと1.1(堅い)というように堅さが変わるらしい。

オーリンズ:
 サス調整をする方にはお勧めだとか。
 スプリングの堅さは常に同じ。サス調整するならば、堅さが一定なので調整しやすいとのこと。


以上のことから、下記のとおり注文しました。
・オーリンズ製品:9.0N/mm  →hayabusa(~07)の純正品と同じスプリングレート
・フォークオイル:T&R43  →純正と同等のものを注文。(純正と同じ粘度?か未確認)
・その他: 油量・・・480cc/本、油面・・・98mm


IMG_0321.JPG
↑交換後の外観
交換後のフロントフォーク。
当然ですが、外見では全くわかりません。オーリンズのシールでも貼ろうか思案中。


サスセッティング
所感・・・
ノーマルと比較し、上質なサスです。走行してすぐに体感できました。

イメージ的ですが、道路の凹凸に対しての反応がとても早い感じです。バイク全体への道路から
の衝撃振動がだいぶまろやかになっています。ほとんどの衝撃を吸収している感じです。
→ノーマルでは衝撃を吸収しきれないような状況でも吸収しているように感じました。

これはフォークオイルの粘度が適切だからなのか、スプリングがよいからなのかは素人の私には
わかりませんが、2万円程度で手に入るのは、とてもリーズナブルだと思いました。
→フォークサス自体だと30万円。とても手が出ませんね・・・

サス・・・
ノーマルのスプリングより自然長が長いのか、プリロードをさらに掛ける必要がありました。
また、フォークオイルの粘度がスズキ純正フォークオイルより柔らかいのか、減衰力も掛ける必要
がありました。

サスセッティングデータ・・・(前回とは、今回の交換前の純正時のサスデータを示す)
(フロント)
プリロード: 6  前回・・・6  標準・・・4  (数値が小さいほどプリロードを掛ける)
伸び側: -7   前回・・・-7 標準・・・-3 (最強からの戻しクリック数を示す)
圧側:  -10  前回・・・-9 標準・・・-9 (最強からの戻しクリック数を示す)

(リア)・・・NITRON
プリロード: 標準(アンチスクワットを強めに設定)  
伸び側: -11   前回・・・-14 標準・・・-10 (最強からの戻しクリック数を示す)
圧側(高速側):-10  前回・・・-12 標準・・・-8 (最強からの戻しクリック数を示す)
圧側(低速側):-10  前回・・・-7 標準・・・-8 (最強からの戻しクリック数を示す)

※サスセッティング調整方法は、別のブログ(サスセッティング)で紹介中。


フロントフォークオイルは2年毎の交換をメーカは推奨しています。
ツーリング程度であれば、4~5年くらいは無交換でも大丈夫ですが、長く乗っていれば
必ず交換をする必要があります。

このついでに、フォークスプリングも含めた交換をしても金銭的にはトータルで4万円弱。
コストパフォーマンス的にも、お勧めのグレードアップです。
一度検討してみるのも良いかと思います。






nice!(21)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

メンテナンス(その8) シフトペダル [メンテナンス]

本日は絶好の紅葉狩り日和でしたが、町内会の自治会定例会議のため、どこも行けず・・・。
そこでメンテをしました。

今回はステップ位置を移動させるとともに、シフトペダルの調整も行いました。

↓チェンジペダル側ステップの全景
IMG_3307.JPG

調整は次のとおり。

↓拡大図
画像4.jpg

シフトの調整ネジを緩め、シフトペダルの高さ調整をするだけです。
注意する点は、ネジが逆ネジもあるということです。

両サイドにある2つのネジ(写真の中の2つの銀色のネジ)を緩め、シフト棒を回すとペダルの高さが変わるという単純なものです。
回すのは1/8回転づつ程度で。
少しの調整で大きくフィーリングが変わりますので、注意を。

調整後は、2つのネジを締めます。
このときも、逆ネジの締める方向に注意を。


★これはどのバイクも同様の仕組み。
 少しの調整で全く違うフィーリングになります。
 皆さんも調整してみては如何でしょうか?

nice!(12)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

メンテナンス(その7) チェーン清掃 [メンテナンス]

今日は天気もよく、時間が空いたのでチェーン清掃を実施しました。

チェーン清掃は人にもよりますが、おおよそ1000kmか、数ヶ月か、雨天走行後などに実施。
汚れていて、しばらく清掃していないなぁ~の時にやっております。

↓清掃前(自宅にて)
準備.JPG

チェーンルブ(チェーンオイル)はEK製品で透明式というもの。
昔はホワイトルブが主流だったのですが・・・。
チェーンクリーナー(チェーン汚れを落とす)はRK製品。

EKのケミカル用品はRKと違い、スプレーの管が可倒式。
手も汚れずにすぐに使えますのでお気に入りです。

↓ケミカル用品 チェーンルブ・チェーンクリーナー
ルーブル・クリーナー.JPG


★アイテムその1(ローラースタンド)
チェーン清掃に欠かせないアイテムとして、コロコロ。
このコロコロに後輪を乗せると、手で後輪タイヤを回せるというアイテム。

センタースタンドのないバイクにはとてもありがたいアイテムです。
ドラスタで3000円で購入。

↓アイテム1(コロコロ)
ローラー.JPG

★アイテムその2(使い捨て型ビニール手袋)
オイル交換やチェーン清掃など手が汚れる場合のメンテナンスには必須のアイテム。
簡易型ビニール手袋は夏場は逆に汗でベトベトになりますが、汚れに比べればまだましですね。
100円ショップで購入。
→全く手が汚れません。これは必需品です。

あとは、あとは、ワックスなどの拭き取りで使用した使い捨ての布と、汚れた布を捨てるための
スーパーの袋で準備完了。

↓ビニール手袋他
その他準備品.JPG

いよいよ、チェーンクリーナーで汚れをとります。
チェーンの外側は後輪のスプロケ付近にて、チェーン全般に吹きかけます。
チェーンの内側はスイングアーム付近にて、チェーン全般に吹きかけます。
これらを布を用いてひたすらフキフキ。

コロコロで後輪タイヤを手で回し、チェーン全体の汚れを拭き取ります。
また、後輪のホイールやスプロケはチェーンルブの飛び散りで若干汚いですので、クリーナーで一緒にフキフキします。
→ホイール、スプロケの汚れですが、簡単に落ちますよ。

↓チェーンの外側(後輪のスプロケ付近にて)
クリーナー3.JPG

↓チェーンの内側(スイングアーム付近にて)
クリーナー2.JPG


次は、チェーンルブ。いわゆる、注油です。
チェーンの稼働部となるローラー付近(チェーンの両サイドの稼働部)に吹きかけるだけです。
★チェーン注油:内側から吹きかけます。チェーンの遠心力で外側に広がるので内側で十分です。
        外側から吹きかけると、チェーン注油が不十分であることに注意。
★チェーン注油:注油箇所はチェーンの両サイドのグリスが封入されているシール箇所。
        吹きかけがしんどいですが、これは必要です。
       →きちんと注油していると走行時の音が静かです。また、バイクを押している時
        も抵抗がなく、重く感じません。
↓注油風景1:写真の撮り方でチェーン外側に当ててますが、これでは注油は不十分です~
ルーブル1.JPG

↓注油風景2:写真の下側で実際には注油します。ここしか、チェーンの内側の注油は出来ません。
ルーブル2.JPG

ルブが透明なので、ゴールドチェーンが引き立ちます。
↓注油完了
ルーブル3.JPG


★余談1
走行距離:52,000km
スプロケ:購入時より使用。無交換。
チェーン:2009年に交換。30,000km以上使用中。
とあるメーカより、まだまだ使用できるので交換する必要なしとのアドバイス。

★余談2
とあるメーカよりのアドバイス。
チェーンは2点についてチェックをするそう。
・後輪のスプロケにおいて、バイクの進行方向に対し真後ろの方向に、チェーン(スプロケからみて3時の方向)を引っ張ってみてガタがあるならば、チェーンが伸びているのでチェーン調整。調整しろが無い場合、チェーン要交換。

・チェーンのローラー部に細かいサビがついていた場合、チェーンシールが破損し封入しているグリスが出てしまっている状況。この場合もチェーン要交換。

チェーンクリーナーで汚れを落としている時にでもチェックしながら行うのもよいかと思いますね。
nice!(10)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク
前の5件 | - メンテナンス ブログトップ