So-net無料ブログ作成

バイク用品(その2)の続き [バイクアイテム]

本日はヘルメット購入店にて、ペイントイベントがあり、(ヘルメット購入特典につき)無料で入れてもらいました。

あとはステッカー。
ロッシ-ファン(野球界レジェンドのイチロウのような存在がmotoGPにもいます)なので、ステッカー「THE DOCTOR」を購入し、後部にステッカーを貼りました。

その下に、今回のペイントです。
正直、イメージとはかなり違いましたが、ま、これもあり???と思っています。
→きちんと、意思を伝えればよかったかも。

↓ ペイント拡大
DSC_1964.JPG


↓ ペイント全体
DSC_1967.JPG

カーオーディオ(in ガレージ) [バイクアイテム]

本日は、昔のカーオーディオをガレージ用オーディオに改良しました。

このカーオーディオは2010年に車の買い換えの際、社外オーディオを捨てるのはもったい
ないと思って、ずっと取っておきました。

購入が1999年なので、20年経過している代物です。
→当時は10万円超えのオーディオで手が出なかったのですが、傷物ということでその店のみでしたが、今でいうアウトレット販売をしていたので、かなり悩んだ末の購入でした。

10年ぶりに火を入れてみました(電気を流してみました)が、完璧な動作。
動き出すと懐かしいもので、当時の記憶が蘇ってきました。

さて、今回ガレージ用に改良するため、使用した工具は次のとおり。
ケーブルをつなぐための道具のみです。

↓今回の圧着端子用工具(ロブスター)
DSC_1906.JPG

↓今回のケーブル端子類
DSC_1903.JPG


これらの工具のほかに、今回アマゾンで購入した2つのアイテムがあります。

↓その1 今回購入したAC-DCコンバータ(真ん中のランプ点灯している物体)
DSC_1897.JPG

車の電源は直流(DC12V)、家庭の電源は交流(AC100V)なので、当然合いません。
そこで、AC100VをDC12Vに変換する電源装置が必要となります。

スマホ用、PC用の電源アダプタが身近なところでありますが、どれもパワー不足・・・。
この状態でスピーカから音を流せば、当然、電源アダプターは容量オーバーにつき、
電圧低下または、電源ダウンとなるのは明白です。

そこで、写真のように、専用のAC-DCコンバータを購入(2000円程度です)しました。
100Wのコンバータなので、100W÷DC12V=DC8A は流せます。
→カーオーディオはMAX120W(120÷12=10A)は流せますが、そんなに大音量にすると当然、
近所迷惑になるので、通常の音量しか扱いません。よって、8Aでも十分です。


ただ、コンバータはファンが回るとかなりうるさいです。このファンは発熱する三端子レギュレーター(DC12V一定とするような便利な部品)を空冷で冷却するためです。

三端子レギュレーターを冷やすファンの音がうるさいので(パソコンのファンと同じような音でうるさい)、ファンの端子をCUTし、回らなくしてしまいました。

スピーカーを大音量で聞くことはないため、私の使用では回路が壊れるような発熱は、ないからです。
(これは自己責任での改良となりますので、発熱・回路の理解がないのであれば、購入のままがMUSTです。要注意!)


↓その2 スピーカ
DSC_1898.JPG

カーオーディオの出力インピーダンスは、4Ω~8Ω。なので、スピーカも4~8Ωがベスト。
一方、家庭用のスピーカの入力インピーダンスは16Ω~。

カーオーディオからすれば、家庭用スピーカ(16Ω)は、過負荷にならないため(実際の事象としては音が小さくなるだけ)、回路的には問題ないので、家庭用でも十分だと思います。

さらに、家庭用スピーカはそれ自体が向きだしでなく、おしゃれで、きれいですし・・・。
ですが、問題は値段! 家庭用スピーカーは高いのです・・・

このことから、私が目をつけたのは、パソコン用でも、家庭オーディオでもなく、カー用スピーカだったのです。
スペック的にもよく(30Hz~20kHz)、かつ、リーズナブルなので迷わずアマゾンで購入。

欠点は写真のように裸なので、外見上はむき出しになることです。


施工後。
↓ カーオーディオ 稼働!!
DSC_1894.JPG

ちなみに、ラジオのアンテナですが、ホームセンターやカー用品店でもすでに売っていません・・・。
→昔はかならず、置いてあったのに・・・。今の人々は自分自ら、自作はしないのでしょう。

とりあえず、イヤホンをラジオアンテナ端子にぶっ込んでみると、FM放送はいい感じ。
これはインピーダンス整合(75Ω)が合っているためでしょうか・・・。

AM放送はノイズが多かった。イヤホンアンテナには無理がありそうです。
FM/AMアンテナを自作しないとダメなのでしょう。
→これから、HPで自作をするための検索してみます。


↓全風景
DSC_1907.JPG

最後に、全風景です。
音を送れないのが残念ですが、意外とイヤホンをつないだ臨時アンテナでもクリアでした。
ただし、AM放送はかなりノイズがありますが。

今後、カーオーディオを正規の状態に設置しましたら、アンテナ交換を含む、報告したいと思います。



nice!(10)  コメント(1)